データ入稿時のご注意 :ミクニカード3

マーク.jpg Mikuni Card

有限会社 ミクニカード

当日仕上げ可能なオンデマンド印刷・スピード名刺・シール印刷 ミクニカード
mikunicard
 
050ー3790ー5767
(全国どこからでも3分8.4円)

TEL(06)6393-3780
FAX(06)6396-0160

●お問合せフォーム >>> 

web@mikunicard.com ( データ入稿 )

アクセス

| HOME | ご利用ガイド | データ入稿時のご注意 |

データー入稿時のご注意

対応ソフト Illustrator CS3・ACROBAT(1.6まで)〔拡張子ai・eps・pdf〕(無料)
ワード・エクセル・パワーポイント(データ変換料がかかります)¥300~
フリーソフトで、簡単にPDFにできます。どうぞお問い合わせ下さい。

Illustrator

カラーモードはCMYKで、作製下さい。
必ず文字はアウトラインをおとりください。
画像は、写真で300~350dpi 線画で600dpi程度でお願いします。
画像は、リンク処理し同時に画像データ添付し
1つのフォルダーの中に入れてご入稿をお願いします。
線は塗りではなく、0.1mm以上の線でお願いします。
用紙ぎりぎりまでの印刷は塗り足しを1.5mm程度つけて下さい。
トリムマークの使用をお願いします。
確認用のjpegデータかpdfデータをお願いします。
透明効果使用時はご一報下さい。

PDF (InDesin等はPDFでお願いします)

フォントは必ず埋め込んでください。
ジョブオプションは、pressかHighQuality及びPDFX/1aでお願いします。

ワード・エクセル・パワーポイント

フォント・バージョン・ドライバーにより体裁が崩れる可能性が多々ございます。
特にフォントは、弊社に無い書体がある場合に別の書体に置き換わり
体裁崩れが起こりやすくなります。書体が変わるだけならまだしも、行がずれて、本来1行まるまる抜けたりする事もございます。
必ず出力見本を頂き、こちらで印刷用データに変換後
メール(PDFデータ)及びFAXか郵送でご確認(校正)して頂きます。
office系ソフトはRGB出力となりますので、印刷用データに致しますと色がにごったり、暗めになります。
極細線は、印刷時線がかすれる可能性がありますので、こちらで線を少し太く致します。

ワード・パワーポイントの場合は、以下のことを実行下さい

ワード97の場合
 データを開いた状態で〔ファイル〕→〔名前をつけて保存〕を選択 すると、保存ダイアログが出ますので、ダイアログの右側の〔オプション〕をクリック
 その中の Truetypeフォントを埋め込むと使用されている文字だけを埋め込むに チェック・OK

ワード2000の場合
 データを開いた状態で〔ファイル〕→〔名前をつけて保存〕を選択すると、保存ダイアログが出ますので、ダイアログの右側の〔ツール〕をクリック
 〔全般オプション〕の中の

Truetypeフォントを埋め込むと使用されている文字だけを埋め込む にチェック・OK

ワード2003の場合
 データを開いた状態で〔ファイル〕→〔名前をつけて保存〕を選択すると、
 保存ダイアログが出ますので、ダイアログの右側の〔ツール〕をクリック
 〔全般オプション〕の中の

Truetypeフォントを埋め込むと使用されている文字だけを埋め込む
 標準システムフォントは埋め込まない
にチェック・OK

パワーポイント97の場合
 データを開いた状態で〔ファイル〕→〔名前をつけて保存〕を選択すると、
 保存ダイアログが出ますので、ダイアログの右側の

Truetypeフォント埋め込みに チェック・OK

パワーポイント2000
 データを開いた状態で〔ファイル〕→〔名前をつけて保存〕を選択すると、
 保存ダイアログが出ますので、ダイアログの右側の〔ツール〕の中の

Truetypeフォント埋め込み にチェック・OK

パワーポイント2003の場合
 データを開いた状態で〔ファイル〕→〔名前をつけて保存〕を選択すると、
 保存ダイアログが出ますので、ダイアログの右側の〔ツール〕をクリック
 〔全般オプション〕の中の

Truetypeフォントを埋め込むと使用されている文字だけを埋め込む にチェック・OK

※必ずしも出力結果は同じにはなりませんのでご了承下さい。

転送時、4MBを超えるものは圧縮をかけて下さい

圧縮をかけて3MBを超えるものは、当社の転送専用サーバー
及びパスワード等をお伝えしますので、ご連絡下さい。300MBまで
メディア(CD・MO・USBメモリー)でのご入稿も受付ております。
その場合はご郵送でお願いします。メディアは納品時ご返却します。
当社は、WINで作業を致しておりますので、
macのデータは、ファイル名に必ず禁止文字(機種依存文字)
「\」「/」「:」「*」「?」「"」「<」「>」
は御使用せずに、できるだけ1byte文字(半角英数)でお願いします。
圧縮はsitで大丈夫です。

オンデマンド印刷の場合のデーター入稿時のご注意

ご依頼時、出力見本をつけて頂くか、スクリーンショットを提供下さい。

Adobe Illustrator

verCS3まで対応。ai及びeps形式アウトラインフォントでの入稿も可能ですが、当社使用機種カラークレバープレスは、600dpi×600dpiのため、6P以下のアウトラインフォントが少し太くなるので、PDFでのご入稿をお勧めしています。
ver9・10は、保存時、別名保存でPDFを選択し、一般でフォントの埋め込みにチェックが入っているのを確認した後、
圧縮のところで、カラー及びグレースケール画像300dpiモノクロ1200dpiにチェックを入れて下さい。
CS以降は別名保存で、JobOptionをプレスか高品質印刷にして保存して下さい。なお、ver8以前は、そのままでは
フォントの埋め込みが出来ないため、Acrobatを使用すると、フォントの埋め込みができます。
なお、データはこちらでは、編集は出来ませんので、トリムマークをつけた後、例えば、A4の両面のデータでも
表と裏をそれぞれ1つのデータとして合計2個、ご入稿していただきトリムエリアの外には一切何もつけないで下さい。

Adobe Photoshop

必ずCMYKでご入稿下さい。eps保存する場合、プレビューを8bitにチェックをつけて下さい。
解像度は350~400dpiでお願いします。

Adobe InDesign

フォントを埋め込んだPDFでご入稿下さい。

Adobe Acrobat

フォントを埋め込んだPDFでご入稿下さい。

オフィス系ソフト

出力環境の違い(特にフォント・プリンタードライバー)から、行ずれ等が起こる可能性がありますので、
必ず出力見本かスクリーンショットをお付け下さい。
ワード・パワーポイントは、保存時にフォントを埋め込む方法もありますが、確実ではありません。
一番確実な方法は、Acrbatからフォントを埋め込んで、PDFに書き出す方法ですが、最近は、ベクター等から
フリーで良質のPDF作製ソフトが配布されているので、そちらをご利用されるのも1つの手段です。
ご連絡いただけましたら、こちらよりダウンロード方法等を、PDFでご紹介いたします。ai・eps・psd・pdf形式及びワード・エクセル・パワーポイントデータ
オフィス系ソフトは出力環境(主にフォント)の違いにより、一部制限があります。(別途変換料がかかります)